社会保険労務士の勉強法は、環境に応じて選びましょう。

国家資格を取得しなくてはなることができない社会保険労務士ですが、比較的難易度の高い資格試験ですから、計画を立てて勉強をやっていかなくてはならないのです。
科目数も複数で範囲も広いので、効率的に勉強をしないとうまくいきません。

あなたが社会保険労務士の資格試験の受験を考えていたら、どんな方法でやったらいいのでしょうか?

現在の自分の環境を考えると、1人1人で違いがあるでしょう。
学生さん、主婦、サラリーマン、ニート、無職、OLさん…。

自分の現在の環境を考慮に入れないと、効果的な学習はできなくなってしまいます。
社会保険労務士の勉強に使うことができる時間や費用も違うからです。
現在、会社に行ったり学校に通っていたら、日中社会保険労務士の学校に通うことはできません。
ニートや無職や時間がある方だったら、日中も資格試験受験のための学校に通うことができるのです。
資格試験に合格をするためには、いかにして有効に時間を使って、効率的な勉強をやっていくのかということが重要なポイントになってきます。

日中に学校に通う時間が取れない場合には夜間や休日に学校に通うコースも準備されています。
その他の社会保険労務士の勉強法では、通信教育講座を受験するコースも人気です。
現代人は何かと忙しくて、学校に決まった時間に通うことはできにくいものですから、通信教育の講座で自宅で好きなペースで勉強を続けていかれるのは魅力的な勉強法といえるのではないでしょうか?
忙しくてもあきらめないで、社会保険労務士の勉強をすすめていきましょう。

社会保険労務士は年金問題を相談出来る仕事

現代社会で多くの方が心配に思っていることには、年金の問題があるのではないでしょうか?

年金問題は数年前には管理ができていなくて、大問題になりました。
「消えた年金事件」と言われたこともあったのです。
今になって報道は下火になりましたが、まだ解決していないかもしれません。
あなたの年金はいかがですか?大丈夫ですか?

会社にお勤めだった方も年金に入っていますが、その内容は個人によって大きく違っています。
初めて働き始めた時から同じ会社で働き続けている方もいますが、現在では1つの会社で長く働き続けていく方は少ないもので、転職をすることも増えています。

リストラなどによって、仕事がなくなってしまう方もいますから、そういった方は会社に勤務していなかった時期もあるので、年金がどのようになっているのか不安になってしまうこともあるのではないでしょうか?

女性は結婚や妊娠や出産や育児や離婚などによって、働き方に個人差が大きいです。
昔は、女性は結婚したら専業主婦になって、仕事をやめてしまったものですが、現在では相変わらず同じ会社で働き続けていく方が多いはずです。
女性の働き方や生き方も複雑になったらなった分だけ、年金問題も分かりにくいものになっているのです。
会社の中の年金問題を解決したくなった場合には、相談できるのは社会保険労務士です。
社会保険労務士は年金問題のエキスパートですから、あなたが何らかの年金問題で分からないことがあったら、気軽に相談してみることをおすすめします。
年金問題のプロフェッショナルの社会保険労務士が解決に導いてくれることでしょう。

社会保険労務士の開業はプレッシャーも大きくかかります。

より良い働き方はどうしたらいいのか考えた場合には、独立や開業を選択する方もいます。
企業や事務所に雇われていると好きな働き方ができないし、独立・開業したら金銭的にも収入が増えると思うからです。
国家資格を取得したらなれる社会保険労務士ですが、社会保険労務士でも開業を考えている方も少なくありません。
企業や事務所に雇われるのではなくて自由な働き方をしたいというのは当然の考え方かもしれません。

冷静によく考えてから、独立・開業をするべきです。
今までは、企業や事務所がやっていたこともみんなあなたがやらなくてはならないのです。
つまり、社会保険労務士の仕事に集中できないかもしれません。
1人では働くことができないでしょうから、事務所のスタッフなども雇わなくてはなりません。
その人のお給料や事務所代や交通費、年金、保険、税金…。様々な負担が増します。
毎月50万円近くはあなたが今までは払わなくてもよかった必要経費がかかると見込んでおきましょう。

精神的にも独立・開業はプレッシャーが大きくかかってきます。
今日仕事があっても、明日の仕事はどうなるのかが分かりません。1回仕事をしても、また次回もその人や企業があなたに依頼をしてくれるのかは未知数です。
逆に、気に入らないミスをしたら、次回からは仕事もコネも信頼もなくなってしまいます。
たった1人で、その責任を背負い込まなくてはならないので負担は大きなものです。
イメージで、「社会保険労務士の独立や開業はカッコいい!」と思い込んで、すぐにフリーになるのはおすすめできない勇み足と言ってもいいでしょう。

社会保険労務士とは

「社会保険労務士」を、ご存知でしょうか。
名前を聞いたことがある方は、たくさんいらっしゃると思います。

法律では、社会保険労務士は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と定められています。

では、具体的にはどのような仕事をする職業なのでしょう。

社会保険労務士とは、労働に関する法律や、社会保障に関する法律の専門家として、書類等の作成を行うことが主な仕事です。
例えば、労働社会保険の手続きの代行を行うことも、そのうちのひとつです。

また、会社を経営して行く上で、従業員の労務管理や社会保険に関して、様々な相談を受け、助言をすることも仕事です。
多くの人が働く企業では、様々な規則を作る必要があります。
就業規則、賃金規定、慶弔見舞金規定、国内旅費規程、育児休業規定など。
これらの規則の作成をサポートします。

現在、高齢化社会による社会保険の問題や、派遣社員、契約社員など、雇用形態の多様化により、現行の規則の見直しを迫られている企業が多数あります。
厚生労働省の審議会では、企業に対して65歳までの再雇用を義務付ける方針が示されました。
これによって、退職金制度の見直しなど、賃金制度に関する変更を余儀なくされている企業が増えてきています。
こういったケースでも、労働関係、社会保険関係の法律の専門家である、社会保険労務士のアドバイスが必要なのです。
複雑になってゆく社会で、しっかりとした労働環境を作っていくために、社会保険労務士こそ、これから必要とされる人材であると言えます。