社会保険労務士とは

「社会保険労務士」を、ご存知でしょうか。
名前を聞いたことがある方は、たくさんいらっしゃると思います。

法律では、社会保険労務士は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と定められています。

では、具体的にはどのような仕事をする職業なのでしょう。

社会保険労務士とは、労働に関する法律や、社会保障に関する法律の専門家として、書類等の作成を行うことが主な仕事です。
例えば、労働社会保険の手続きの代行を行うことも、そのうちのひとつです。

また、会社を経営して行く上で、従業員の労務管理や社会保険に関して、様々な相談を受け、助言をすることも仕事です。
多くの人が働く企業では、様々な規則を作る必要があります。
就業規則、賃金規定、慶弔見舞金規定、国内旅費規程、育児休業規定など。
これらの規則の作成をサポートします。

現在、高齢化社会による社会保険の問題や、派遣社員、契約社員など、雇用形態の多様化により、現行の規則の見直しを迫られている企業が多数あります。
厚生労働省の審議会では、企業に対して65歳までの再雇用を義務付ける方針が示されました。
これによって、退職金制度の見直しなど、賃金制度に関する変更を余儀なくされている企業が増えてきています。
こういったケースでも、労働関係、社会保険関係の法律の専門家である、社会保険労務士のアドバイスが必要なのです。
複雑になってゆく社会で、しっかりとした労働環境を作っていくために、社会保険労務士こそ、これから必要とされる人材であると言えます。